野菜

この記事の超まとめ
  • 青汁を飲んでいればいいというわけではない
  • 野菜ジュースを飲んでいればいいということでもない
  • あくまで青汁・野菜ジュースはサポートに
  • 違い「糖分」と「栄養価」!青汁の方がおすすめ

「肌荒れがひどくなってきた・・・」
「なんとなく便秘気味」
「食卓に緑が少なく、茶色中心になってきた。」

健康のため、美容のため、野菜不足を気にする人はたくさんいます。今の習慣を変えず、できるだけ簡単に野菜の栄養を補うには。。。。

というあなたの救世主が青汁や野菜ジュースです。どっちがいいのかは人それぞれだと思っていませんか?

しかし、間違った知識のままでいると、青汁や野菜ジュースを飲んでいても栄養過多や栄養不足になってしまうことがあります。それぞれの青汁と野菜ジュースのそれぞれの特徴を理解して、効率的に栄養を摂取することが大切です。

  • 健康な食生活をしています!
  • 病気は心配いりません!
  • 健康診断は怖くない!
大麦若葉2

青汁と野菜ジュースで野菜不足を解消して、胸を張ってそう言えるようになりたいですね!

野菜がどれくらい必要か知っておこう

野菜不足にならないためには、まず必要な野菜の量を知らなければなりません。厚生労働省では、野菜の1日の野菜の摂取目標を350g(このうち120gは緑黄色野菜)としています。

350gの野菜ってどんな感じ?
%e9%87%8e%e8%8f%9c%e7%9b%ae%e5%ae%89

主な緑黄色野菜
かぼちゃ、ブロッコリー、ほうれん草、人参、春菊、トマト、小松菜、パプリカなど
ケール2

色が濃いものと覚えよう!

しかし、日本人の平均の野菜摂取量は270g程度で、300gにも達していないのが現状です。だからこそ、青汁や野菜ジュースに頼りがちになるのですね。

青汁だけで野菜不足は解消できるのか

青汁
青汁で野菜不足を解消することはできるのか。青汁といえばThe健康食品、健康のことなら青汁を飲んでおけば大丈夫!というイメージがありますよね。

青汁は色々な野菜の葉っぱを粉にしたものなので、野菜不足も解消できそうな感じがします。

しかし、そんな青汁でも100%万能なわけではありません。いくら優秀な青汁でも、「青汁だけ」では野菜不足の解消は難しいです。

青汁だけでは野菜不足は解消できない理由

サラダ

そもそも1日分を補うように作られていない

青汁は毎日の野菜不足を補うように作られている健康食品です。あくまで補うためのものなので、必要分すべての栄養素が含まれているわけではありません。

また、加工の段階で加熱処理をしたり、野菜の絞りかすが出てしまうので「350g分の野菜をすべて青汁で。」というのは無理があります。これは野菜ジュースの場合も同様です。

必要な栄養が全て入っているわけではない

青汁には含まれている成分があるので、それだけ飲んでいるとどうしても栄養が偏ってしまいます。栄養の偏りもまた、思わぬ体の不調を引き起こします。

青汁に良く含まれている野菜は、ケールやほうれん草などの葉物野菜です。同じ野菜でも、トマトや大根、カボチャなどにしか含まれない栄養素などもあるので、「青汁だけ」では野菜不足の解消は難しいのですね。

野菜ジュースだけで野菜不足は解消できるのか

野菜ジュース
野菜ジュースも青汁同様、野菜ジュースだけでは野菜不足を解消することができません。あくまでサポート用。足りない部分を補うものと考えましょう。

野菜ジュースだけでは野菜不足は解消できない理由

加工で栄養価が失われる・栄養バランスの偏り

青汁同様、加熱した時・絞った時に失われる栄養素があります。また、野菜ジュースにも様々な種類があります。1つ飲んだだけではすべての必要な栄養素を補う事が出来ない証拠でもあります。

糖分が多い商品が主流

野菜ジュースのパッケージの裏をよく見た事がありますか?添加物にはそこまで気を配らず、とれる栄養素だけ見ていた人も多いのではないでしょうか。

しかし、野菜ジュースを選ぶときには、糖分にも注目しなければなりません。ほとんどの野菜ジュースは飲みやすさのために糖分が多めに含まれています。青汁は1g〜5g程度ですが、野菜ジュースは17g〜23gくらいになります。

糖分を分解するのには、大量のビタミンB群・ミネラルを消費します。せっかく野菜ジュースでとった栄養素を、野菜ジュースの糖分の分解に使ってしまいます。これでは野菜不足の解消は難しくなってしまいます。

青汁と野菜ジュースのどっちがおすすめなの?

大麦若葉2

結論から言えば、青汁の方がおすすめです!

青汁と野菜ジュースの違い

青汁 野菜ジュース
栄養価 二重丸 丸
糖分 丸 バツ
丸 二重丸
価格(/日) 60円〜150円 60円〜100円

青汁と野菜ジュースなら、青汁の方が断然おすすめです。一昔前はかなりまずかった青汁ですが、いまの青汁はおいしく飲むことができるものが多くなっています。

野菜ジュースは味を整えるために、糖分が多く使われています。青汁なら1.0g〜5.0gのものがほとんどですが、野菜ジュースは17〜23gほどのものがほとんどです。

明日葉2

糖分の分解には野菜の栄養素が使われちゃうんです!

野菜ジュースよりもおすすめ!青汁の選び方って?

青汁と野菜ジュース併用はどうなの?

野菜ジュース
青汁と野菜ジュースを一緒に飲んだり、野菜ジュースに青汁を溶かしたりと、青汁と野菜ジュースを同時にとることには様々なメリット・注意点があります。

青汁と野菜ジュースでお互いに不足する成分を補えると、野菜不足をどちらかだけを飲むよりも栄養が偏りにくくなり、野菜不足解消に近づきます。そして青汁の独特の臭いや味を野菜ジュースの糖分で打ち消すこともできるので、青汁が苦手な人でも飲みやすくなります。

青汁と野菜ジュース併用の注意点

飲み過ぎには注意

青汁と野菜ジュースを一緒にとるときに限ったことではありませんが、飲み過ぎには注意です。

青汁と野菜ジュースを混ぜると、青汁の独特な味や香りが抑えられておいしくなります。そうなると、ついついたくさん飲みたくなってしまいますが、それはいけません。青汁や野菜ジュースを飲みすぎるとお腹を下してしまうことがあります。

青汁や野菜ジュースは、多く飲めばいいということではありません。パッケージに書かれている量を守って飲むようにしましょう。

大麦若葉2

パッケージの裏にも「飲みすぎるとお腹を下します」って書かれているよ!

組み合わせには注意

青汁と野菜ジュースを組み合わせるなら、その組み合わせには注意しなければなりません。当然ですが、同じような成分が含まれているものは選ばないようにしましょう。

欠けている栄養素を補えるという、青汁×野菜ジュースのメリットが台無しになるだけではありません。栄養過多になって逆効果になってしまいます。

明日葉2

野菜ジュースは黄色〜オレンジの野菜・果物が含まれているものが最適です!

青汁は必ず無糖のものを

野菜ジュースにはほぼ必ずと言っていいほど糖分が含まれています。青汁にも糖分が含まれていては、知らないうちにかなりの糖分をとってしまいます。糖尿病の原因にもなりかねないので注意が必要です。

野菜ジュースと混ぜてもおいしい!おすすめの無糖青汁はこちら

青汁や野菜ジュースで野菜不足を解消するなら

青汁で野菜不足解消

青汁や野菜ジュースで野菜不足を解消するために大切なことをまとめました。大事なのは栄養のバランスをとるということです。そして、簡単に栄養のバランスをとりたいなら青汁がおすすめです。

これまでの食事である程度の野菜をとれていたなら、青汁を選びましょう。全く野菜を食べていなかった人は併用してみるのもいいかもしれません。

青汁と野菜ジュースのメリット・デメリットまとめ

メリット デメリット
青汁 普段食べにくい野菜が摂れる
酵素が含まれる
栄養価の高い野菜が摂れる
ヘルシー
飲みづらさがある
カリウムがダメな方は注意
野菜ジュースより高め
野菜ジュース 飲みやすい
普段食べにくい野菜が摂れる
手に入れやすい
栄養が偏ることも
糖分が多い
ダイエットには向かない
加工時に栄養価減少
併用 満遍なく栄養が取れる
お互いのメリットを引き継げる
費用がかさむ

くりかえしにはなりますが、一番大事なのはバランスです。

野菜だけでなく、食生活全体、さらには生活習慣を見直してみるのもいいかもしれません。野菜に関しては、青汁や野菜ジュースを上手に活用して、もう野菜不足とは無縁!と言えるような生活を送れるようにしていきたいですね。