赤ちゃん
青汁を飲んでいるお母さんやお父さんは、赤ちゃんの離乳食に青汁が使えたら、バランスの良い栄養素を食べさせてあげられると思ったことはありませんか?

でも始めたばかりの離乳食でも大丈夫?あの苦味のせいで食べることが嫌いになったりしない?など心配ですよね。

そこで今回は、赤ちゃんの離乳食に青汁を使うことについてお話しいたします。

青汁は赤ちゃんにも大丈夫?

青汁は野菜だけを使って作られているので、赤ちゃんに与えても基本的には大丈夫です。

離乳食に使うことは大丈夫ですが、苦いので離乳食の初期はあまりおすすめできません。青汁を離乳食に取り入れるのであれば、離乳食後期が良いですね。

小さいころから少しずつ青汁の味に慣れた子供は、野菜がキライと言いだす年頃になった時に、青汁が飲めるので野菜不足にあまり悩まないという話も聞きましたよ。無理せず微量を混ぜることから始めると、アレルギー反応が分からない時期でも安心ですね。

離乳食に青汁を使う時の注意点

青汁は野菜でできているので、離乳食に使いたいところですが、まだ赤ちゃんですから注意すべき点もあります。

青汁の種類によっては、抹茶や緑茶が使われていてカフェインが含まれているものもあります。そのため青汁を選ぶときは注意が必要です。

特に、青汁の苦み対策として蜂蜜を使っているものもあるそうです。はちみつはポツリヌス菌の感染を起こすこともあるので要注意です。

そして青汁は食物繊維も豊富なので、まだ消化器系が発達していない赤ちゃんには成分が多いので、量を加減して使うようにしましょう。

また、青汁は大人でも苦くて苦手な方が少なくありません。卒乳して食べ物から栄養を取るようになる前の、第一段階の離乳食で青汁の味が原因となり、食べることそのものが嫌になってしまうこともあります。

そのため青汁を混ぜる量は少しずつ始めることが大切ですよ。

離乳食オススメレシピ

赤ちゃんも離乳食を始めると、便秘になってしまうこともあります。これはまだ消化器系ができあがっていないので、起こることのようですが、便秘が続くとあやしても泣きやまずママはとても困ってしまいますよね。

そこで青汁を使った、赤ちゃんとママの便秘解消におすすめのレシピをご紹介します。

それは青汁プリンです。

離乳食は柔らかいものでないといけません。そこでプリンに混ぜるのはとてもおすすめです。

プリンですと、甘みで青汁の苦みや独特の臭いが軽減されるので、青汁嫌いになる心配もあまりないようです。

プリンは作り置きもできるので、少量ずつ与える離乳食にはぴったりです。

私の娘が1番食べてくれたのは、青汁入り豆乳バナナプリンでした。

材料

・バナナ80g

・豆乳20ml

・青汁(粉末)微量または少量

作り方

耐熱容器に豆乳と、しっかりつぶしたバナナを入れて良く混ぜます。混ざりましたら青汁を入れ混ぜます。耐熱容器は浅い方が熱が入りやすく固まるのも早いのでおすすめです。

青汁がダマにならないように混ぜたら、電子レンジに入れ600ワットで40秒加熱します。冷めて固まったらできあがり!

簡単ですのでおすすめです。大人もおいしく食べられますよ。

青汁の分量には必ず注意してくださいね。

 

離乳食の時期に野菜嫌いになってしまうと、そのあと野菜を好きにさせるのは大変です。量を調節しながら赤ちゃんの離乳食に取り入れ、成長しても青汁を飲んでくれるようになると、ママとしては栄養バランスに悩まないので嬉しいですよね。

青汁の量や成分に気を付けて、離乳食に取り入れてみてください。