大麦若葉
大麦若葉って健康に良さそうだなと思う人はたくさんいると思います。青汁に入っていることが多いのも有名で、実際多くの青汁製品には大麦若葉が使われています。

大麦若葉の青汁は飲みやすいとは聞くけど、どんな成分や効果があるのかについても詳しく解説していきたいと思います。

大麦若葉とはどんなもの?

大麦若葉とは、イネ科の植物で、大麦の若い葉のことです。大麦の穂より若い葉の部分には他の緑黄色野菜よりも素晴らしい栄養素がたくさん詰まっているので、青汁の原料として使われることが多いのです。

また、日本は太古の時代から主食として大麦を食べていたので、とてもなじみが深く相性が良いとも言えます。

 

大麦を使った他の食品よりも大麦若葉を使った青汁の方が便秘解消に効果が期待できるというデータもあるほど、特に食物繊維について優秀な植物です。

青汁を選ぶときはこの大麦若葉が入っているかがポイントの1つにする方も多いようです。

大麦若葉の成分・栄養素は?

大麦若葉=食物繊維が豊富、だからダイエットにいい!というのはもちろんそうなのですが、大麦若葉のすごいところはそれだけではありません。

スーパーオキシドディスムターゼという酵素を含んでいて、活性酸素を分解し老化防止効果があるとされ、注目が集まっています。

他にも、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、糖質、脂質などの三大栄養素も含んでいて、栄養素もとても豊富です。

さらにはポリフェノール、クロロフィルなどが含まれていることでも知られていて、美容、健康維持、栄養補給には特に欠かせない成分が含まれています。そのため、青汁を選ぶときに大麦若葉が原材料に入っているかは、とても重要になってきます。

大麦若葉の健康への効果とは?

大麦若葉の成分・栄養素をみても健康に良いということが、お分かり頂けたと思いますが、次にお話したいのは具体的な健康への効果です。

まずは便秘解消。これは食物繊維が豊富に含まれていて、例えば大麦若葉を粉末にした物100gに約41gの食物繊維が含まれていると言われていて、腸内環境を整え、便秘改善の効果が期待できます。

他にもクロロフィルには、コレステロールを抑える働きがあり、有害物質を体の外に出してくれる働きもあるので、デトックス効果が期待できます。

また、ミネラルが多く含まれていて他の食材に比べてアルカリ性が高いので、酸性に偏り過ぎた体を中和し、正常にする効果もあります。そして無理することなく脂肪を燃焼していくことができるので、ダイエット効果も期待できると言えます。

他にも鉄分が豊富に含まれているので、貧血予防にも期待できるので、妊娠中の方にもおすすめです。

 

私の知り合いは子供を妊娠中、ひどい貧血状態に悩まされていました。検診のたびにお薬が処方されていましたが、妊娠中にお薬を飲むことに抵抗があり、かなり悩んでいました。

そんなとき、検診で仲良くなったママさんから、大麦若葉が入っている青汁を教えてもらい飲み始めました。臨月前に貧血も解消され、今では子供と一緒に毎朝飲んでいます。

特に夏には、キンキンに冷やして飲むと美味しく摂れます。ぜひ試してみてください。