「本当に飲むだけで痩せるの?」
「あの芸能人が使ってる青汁って効果ある?」
「健康的に痩せたい!」

青汁ダイエットとはいっても、青汁には様々なタイプがあるので正しく選ばなければ期待通りの効果は得られません。

こちらのページでは、青汁を飲みながら痩せるためにはどのようなことに注意したら良いのか、どんな青汁を選んだら良いのかなどについてまとめています。

健康的にダイエットを成功させたいと考えている方は参考にしてみてください。

【ダイエット向け青汁】総合おすすめランキング

  1. まんぷく美人青汁

    まんぷく美人青汁

    【置き換え向け】
    膨らむ成分で満足感長持ち!

    • まんぷく成分入りだから満足感が長持ち
    • 酵素・乳酸菌・食物繊維がダイエットサポート
    • 630円から始められる
  2. 青汁と乳酸菌(すこやか自慢)

    青汁と乳酸菌

    【ぽっこり改善・すっきり向け】
    乳酸菌で毎日のすっきりサポート

    • 5種類500億個の乳酸菌入り
    • 植物酵素が体内の酵素を活性化
    • 980円からお試しできる
  3. こだわり酵素青汁(ホコニコ)

    ホコニコのこだわり酵素青汁

    【年齢による体質変化向け】
    生きた酵素が若々しさをサポート

    • 麹と植物酵素が落ちてくる機能をカバー
    • 4種の青汁原料で栄養管理バッチリ
    • 黒糖・はちみつ入りのヘルシーな飲みやすさ

ダイエット青汁の比較表

まんぷく美人青汁 青汁と乳酸菌 こだわり酵素青汁
タイプ いますぐ痩せたい ぽっこり・便通改善 年齢による変化
腹持ち 二重丸 三角 三角
乳酸菌 丸 二重丸 三角
食物繊維 丸 丸 丸
酵素 丸 三角 二重丸

ダイエット向け青汁の選び方

ダイエット向け青汁には大きく分けて3種類の青汁があります。

ダイエット青汁の3つのタイプ
明日葉2

どのタイプかによって選ぶべき青汁が変わってきます

いますぐに痩せたい人(置き換えダイエット)

今すぐに痩せたい人には置き換えダイエットが最適です。

朝食・昼食・夕食のどれかを青汁に置き換えて、摂取カロリーを減らしましょう。

当然食べる量を減らすことになるので、腹持ちが良い青汁を選ぶことが大切です。

ケール2

青汁は栄養も取れるから安心だね

ぽっこりお腹や便秘が気になる人

便秘が続くとお腹が張ってぽっこりしてきます。

このときは食物繊維や乳酸菌がたくさん入っている青汁を選ぶことが大切です。

大麦若葉2

即効性というよりも体質から改善していくかたちになります

年齢とともに痩せにくいと感じる人

歳を重ねるごとに痩せにくくなってきた、体が重くなったと感じる人は少なくありません。

これは体の中ではたらく酵素が減ってきているからです。

このように年齢とともに痩せにくくなってきたと感じる方には、酵素が入った酵素入り青汁がおすすめです。