飲み会などお酒を飲む催しは楽しいのでついつい飲み過ぎてしまい、次の日に二日酔いで苦しい思いをしてしまうことってよくありますよね。

お酒を飲む前に予防薬などで先に予防をしておくという方法もありますが、できるだけ体に負担のない体に優しい方法で改善したいと思うものです。
健康に良いとされている青汁に、二日酔いを解消できる効果があるということはご存知ですか?
二日酔いでつらい思いをしている方に、改善方法の1つとして青汁がいいと言われる理由など詳しくご紹介します。

二日酔いの原因

お酒を飲み過ぎてしまい翌日体調が悪くなることを一般的に二日酔いといいます。
私たち人間の体はお酒を飲むと、お酒に含まれているアルコールを肝臓で「アセトアルデヒド」という毒性の物質に分解し、その後二酸化炭素と水に分解して体の外に排出します。
しかしお酒を大量に飲んでしまうとこの働きが処理能力を超えてしまうので、アセトアルデヒドを体外に出しきれず残ってしまい二日酔いの症状が起きてしまいます。
アルコールを肝臓で処理できる量は人によって違い、お酒に対して「強い」「弱い」という違いがあるわけです。
さらに日本人はモンゴロイドという人種で、モンゴロイドはもともとアセトアルデヒドを排出するために必要なアセトアルデヒド脱水素酵素の機能が低く、全く働かないという人もいるので、二日酔いに悩まされる方が多い理由の一つでもあります。
最近アセトアルデヒドには発がんのリスクがあるのではないかとも言われているので、過剰なアルコールの摂取には注意した方がいいですね。

二日酔いの症状

二日酔いの症状は人によって様々です。

・脱水症
お酒を飲むと頻繁におトイレに行きたくなる方も多いですよね。
それはお酒には利尿作用があるからで、大量にお酒を飲むと利尿作用も頻繁に起こります。
アルコールを分解するためには、大量の水が必要となるためお酒の利尿作用により体外に水分がたくさん出てしまうと、体の中は脱水状態になってしまいます。
脱水症になると、喉が渇くだけでなく吐き気や嘔吐、頭痛、めまい、倦怠感などの症状が出て、重くなると意識障害も起こってしまいます。

・胃炎
お酒に含まれるアルコールは、胃酸の分泌を活発にする働きがあります。
そのためアルコールを大量に摂取すると胃酸の分泌が過剰になり、胃酸過多が原因で胃壁を荒らしてしまいます。
胃酸過多になると胃痛や吐き気、下痢、食欲不振になり、ひどい症状になると嘔吐の際血が混じってしまうこともあります。

・低血糖
アルコールを肝臓で分解しているときは、糖の生成する働きは止まっています。
糖が作られなくなるとグリコーゲンという肝臓で溜めてある糖分がなくなってしまうので、体の中で必要な糖分が足りなくなり低血糖になってしまい、頭痛や吐き気、倦怠感、筋肉痛などの症状がおこります。
お酒を飲んだ次の日、運動もしていないのに筋肉痛っぽいなと感じることってありますよね。実は低血糖になっていることが原因のこともあるのです。

代表的な二日酔いの症状を3つあげましたが、どれもアルコールを大量に摂取したことにより起こりますが、中にはアルコールを分解する働きが機能しない体質の方にも起こるものですから、ご自分の体を良く知ることが大切です。

二日酔いに効く成分

つらい二日酔いになってしまった時には、できるだけ早く改善したいですよね。
そこで二日酔いに良いと言われている成分をまとめてみました。

・タウリン・・・アセトアルデヒドの分解を促進して肝臓を保護する働きがある
(イカやタコなどに含まれる成分)
・アラニン・・・必須アミノ酸によりアルコールを分解する機能を高める働きがある
(シジミやアサリなどに含まれる成分)
・ビタミンC・・・アセトアルデヒドを分解する働きがある
(トマトやレモン、パプリカなどに含まれる成分)
・ビタミンU・・・胃壁を修復して保護する働きがある
(キャベツやセロリ、アスパラガスなどに含まれる成分)
・セロトニン・・・拡張した血管を収縮する働きがある

セロトニンは食品に含まれている成分ではなく体内で合成される成分です。
セロトニンを合成するためには、ビタミンB6やトリプトファン、マグネシウム、ナイアシンなどが必要でこれらは豆乳や牛乳などに含まれています。
二日酔いで食欲不振だったり吐き気がひどい時に二日酔いに良いと言われる成分を取ろうと思うと、たくさんの食品をとらなけらばならないのでとてもつらいですよね。

二日酔いには青汁が効果的

二日酔いに青汁が効果的と言われる理由は、青汁に含まれている成分の豊富さにあります。
二日酔いに効果的な成分をご紹介しましたが、その量を考えると食事で取るのが大変ということが分かりますよね。
青汁は手軽に飲めることだけでなく、ケールなど野菜の特徴でもある苦みや臭いを軽減することができるので、二日酔いでも飲みやすいのでおすすめです。
特にケールにはビタミンUなどのビタミン類が豊富に含まれていて、ビタミンUは熱に弱いため青汁で摂取することが効果的なのです。
また、セロトニンを合成するために必要な成分は豆乳や牛乳から摂取できるので、青汁を豆乳や牛乳で割って飲むとさらに効果を発揮し、脱水改善もできるので青汁は効果的ですよね。

青汁はお薬ではないので二日酔いの改善をサポートしてくれるものです。
二日酔いにならないためには、自分の体で分解・排出できるアルコールの量を正しく理解することが大切です。
分かっていてもついつい飲み過ぎてしまい二日酔いになってしまった時は、ケールなどが原材料の青汁を飲んで改善に役立ててくださいね。