花粉
今年もつらい花粉症の季節がやってきてしまいました。

毎年この時期になると、鼻水やくしゃみ、目の痒みなど花粉症の不快な症状が続き、嫌になってしまいます。

花粉症の症状を薬で抑えている方も多いと思いますが、根本的に治るということではないので、毎年繰り返しているのが現状です。

最近では青汁が花粉症の症状に効果があるという話をよく聞きますよね。

そこで、青汁と花粉症の改善等について解説していきます。

青汁を飲めば花粉症が治った事例がある?

青汁を飲んだら花粉症が治ったという事例は、ただの噂なのか、真相が気になりますよね。

実際はどうなのでしょうか。

私たちの体は、体内にその症状の原因となる有害な物質が入ることによって、抗体を作り排出しようとします。そして次に同じ有害物質が入ってきたときには抗体によって有害物質を攻撃します。

しかし抗体の量が増えすぎてしまうと、アレルギーの症状となってあらわれてしまいます。花粉症もその1つと考えられています。

そのため、免疫力のバランスと整えることに効果が期待できる青汁を飲んだことにより、花粉症が治った!という事例があるのではないでしょうか。

なぜ花粉症が治る?

市販の花粉症のお薬を毎日飲み続けるよりも、青汁と飲むことで体質改善につながり花粉症が治る方が、体に良い気がします。

青汁によって、花粉症が治ることに効果的な理由についてお話ししましょう。

その1つとしては、腸の働きが健康な状態かどうかが関わってきます。

腸内の環境を整えることにより、免疫細胞が正常に働き、免疫力が上がると言われています。青汁には腸内の働きを活発化させ腸内環境の改善に効果がある食物繊維が豊富に含まれているので、青汁は花粉症の改善に有効と考えられています。

2つ目としましては、ケールに含まれているフラボノールという成分が、免疫細胞のマクロファージの活性化に有効で、アレルギー症状を抑える効果があると、最近分かってきました。そのためケールを材料にしている青汁には、花粉症の症状改善に効果が期待できると言えます。

完全に治るわけではないかもしれませんが、軽減できるだけでも花粉症の季節の外出が憂鬱でなくなるなら、ぜひ試したいところですね。

花粉症を治すためにオススメな飲み方をご紹介!

先程ケールの成分にアレルギー反応を抑える効果が期待できるということについてお話ししましたが、ケールには苦味が多く独特の臭いもあるため、抵抗感を感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

毎日苦手な味を我慢して飲み続けるのは大変なため継続しにくいので、おすすめの飲み方をご紹介します。

まず、トマトジュースに混ぜて飲むのはいかがでしょうか。

ケール独特の臭いが軽減して飲みやすく感じます。野菜のトマトをそのまま使用するのではなく、トマトジュースを使ってください。

野菜のトマトには花粉症が悪化させてしまうこともあるそうです。

私は、豆乳に混ぜて青汁を飲んでいます。飲みやすくなって毎日続けるのが嫌でなくなりましたよ。

 

現段階では青汁を飲むことで、花粉症が完治するとは言い切れません。しかし症状の軽減と健康維持が同時に期待できるのであれば、試してみて損は無いように思います。おすすめの飲み方など参考にしていただき、花粉症の季節を一緒に乗り切りましょう。