• 夜ベットに入ってもなかなか眠れない
  • 眠りが浅い
  • 朝起きても疲れが抜けていない
  • 朝なかなか起きられない
  • 目が覚めているのに起きるのがしんどい

睡眠に関するこんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
このような状態が続くと疲れが取れずボーっとしてしまうことが多くなり、仕事や家事もはかどらなくなりますよね。

「早く寝なくちゃ・・・!」と焦る気持ちが、かえって寝られない原因になってしまうこともあります。
「焦れば焦るほど眠れず・・・」これが快眠を妨げる悪循環になってしまうのです。

このように夜の睡眠の質が悪いと朝の目覚めが苦痛になってしまいます。朝すっきり起きるためには質の良い睡眠が大切になります。

しかし、良い睡眠をとるためには就寝時間を早めたり、普段の生活習慣を変えることが必要なのです。が、これはなかなか難しく、案外大変なことですよね。

そこで頼りになるのが青汁。良い睡眠をとって朝すっきり起きられるようにサポートしてくれるのが青汁なのです。
なぜ青汁が朝の目覚めに効果的なのか?その理由やオススメの飲み方について詳しくご紹介します。

朝が苦手になる理由

毎朝スッキリと起きられずボーっとしてしまうのは、夜の睡眠が十分に足りていないことが原因です。
ではなぜ、十分な睡眠が取れないのかを考えてみましょう。

睡眠は、私たちを眠りに誘ってくれる睡眠ホルモン「メラトニン」が分泌されることにより促されます。しかし、日光に当たる時間が少なかったり、アミノ酸不不足すると、このメラトニンが少なくなり、十分に睡眠が取れなくなることがあります。

メラトニンは、人間の脳から出る成分で、安眠には欠かせないホルモンです。実はこのメラトニンの不足が、不眠につながることが分かってきました。

不眠を改善するには「青汁に含まるメラトニンが効果的」という話を聞いたことはありませんか?

海外では、メラトニンを含んだサプリメントもあるようですが、残念ながら日本では認可されていません。手軽に入手できる青汁、その原料として多く用いられるケールには、メラトニンがとても豊富に含まれています。ですから「青汁を飲んでスッキリ目覚めたい!」こんな目的を持った方は、ケールに着目して選ぶといいかもしれませんね。

青汁を朝飲むメリット

青汁には、豊富な栄養素がたくさん含まれています。代表的な栄養成分である食物繊維やビタミン等は、便秘解消にも効果的。朝の便通を促す効果も期待できます。

また朝、起床直後は水分が不足することが多いため、頭がぼーっとしてしまうことがあります。そんな時に青汁を飲めば水分補給もでき、スッキリ目覚めさせてくれるのでオススメです。毎朝のコーヒー1杯を、ケールを含んだ青汁に変えてみるだけで毎朝がスッキリできるかもしれません。

朝青汁におすすめの飲み方

「朝の青汁1杯で、腸の働きを活発にし、水分不足を補なえる」ということですが、忙しい朝におすすめの飲み方をご紹介します。

それは、牛乳、豆乳、ヨーグルトに青汁を混ぜて飲むだけ。
青汁に使われている原材料(緑黄色野菜)には、苦みや臭いが強いものも含まれます。これらは、牛乳やヨーグルトに混ぜることで軽減することができるので、非常に飲みやすくなり苦手な方にもオススメです。

また、朝はどうしてもバタバタしてしまいがち。忙しさでイライラしてしまったときは、リラックス効果のあるハーブティーに混ぜるのも
良いでしょう。

寝不足が続くと、朝スッキリ起きることができません。
夜熟睡できることが理想的ですが、あまり良く眠れなくて疲れが残ってしまった朝には、ぜひ青汁で栄養補給をしてみてください!そして快適で健やかな1日を過ごしたいですね。