野菜

この記事の超まとめ
  • 違い「糖分」と「栄養価」!青汁の方がおすすめ
  • 青汁の野菜ジュース割りで混ぜるのも悪くはない
  • ダイエット目的なら青汁

健康のため、美容のため、野菜不足を気にする人はたくさんいます。今の習慣を変えず、できるだけ簡単に野菜の栄養を補うには。。。。

というあなたの救世主が青汁や野菜ジュースです。

でも、青汁と野菜ジュースのどちらを飲んだらよいのか迷ってしまいますよね。

こちらのページでは、青汁と野菜ジュースの違い・混ぜてもいいのかなど、青汁と野菜ジュースについて解説しています。

青汁と野菜ジュースのどっちがおすすめなの?

大麦若葉2

結論から言えば、青汁の方がおすすめです!

青汁と野菜ジュースの違い

青汁 野菜ジュース
栄養価 二重丸 丸
糖分
(/1杯)
1.0g~5.0g バツ
丸 二重丸
価格
(/日)
60円~150円 60円~100円

青汁と野菜ジュースなら、青汁の方が断然おすすめです。一昔前はかなりまずかった青汁ですが、いまではおいしい青汁が多くなっています。

また、野菜ジュースは味を整えるために、糖分が多く使われています。

青汁は1.0g〜5.0gのものがほとんどですが、野菜ジュースは17〜23gほどのものが多いです。

明日葉2

糖分の分解には野菜の栄養素が使われちゃうんです!

お試しがある青汁もあるので、いままで野菜ジュースを愛飲していた人も一度試してみるのがおすすめです。

【場合によってはOK】青汁の野菜ジュース割りで混ぜる飲み方

野菜ジュース
青汁の野菜ジュース割りで「青汁と野菜ジュースを混ぜる」ことにはメリットもありますが、注意点もあります。

メリット
  • たがいに不足する栄養素を補える
  • 美味しく飲める

青汁と野菜ジュースでお互いに不足する成分を補えると、野菜不足をどちらかだけを飲むよりも栄養が偏りにくくなり、野菜不足解消に近づきます。

そして青汁の独特の臭いや味を野菜ジュースの糖分で打ち消すこともできるので、青汁が苦手な人でも飲みやすくなります。

青汁と野菜ジュース併用の注意点

飲み過ぎには注意

青汁と野菜ジュースを一緒にとるときに限ったことではありませんが、飲み過ぎには注意です。

青汁と野菜ジュースを混ぜると、青汁の独特な味や香りが抑えられておいしくなります。

ついついたくさん飲みたくなるかもしれませんが、青汁や野菜ジュースを飲みすぎるとお腹を下してしまうことがあります。

青汁や野菜ジュースは、多く飲めばいいということではありません。パッケージに書かれている量を守って飲むようにしましょう。

大麦若葉2

パッケージの裏にも「飲みすぎるとお腹を下します」って書かれているよ!

組み合わせには注意

青汁と野菜ジュースを組み合わせるなら、その組み合わせには注意しなければなりません。

当然ですが、同じような原料・成分が含まれているものは選ばないようにしましょう。

欠けている栄養素を補えるという、青汁×野菜ジュースのメリットが台無しになるだけではありません。栄養過多になって逆効果になってしまいます。

明日葉2

野菜ジュースは黄色やオレンジの野菜・果物が含まれているものが最適です!

青汁は必ず無糖のものを

野菜ジュースにはほぼ必ずと言っていいほど糖分が含まれています。

青汁にも糖分が含まれていては、知らないうちにかなりの糖分をとってしまいます。

生活習慣病や肥満の原因にもなりかねないので注意が必要です。

青汁や野菜ジュースで野菜不足を解消するなら

青汁で野菜不足解消

青汁や野菜ジュースで野菜不足を解消するために大切なことをまとめました。大事なのは栄養のバランスをとるということです。

そして、簡単に栄養のバランスをとりたいなら青汁がおすすめです。

いままである程度の野菜をとれていたなら、青汁を選びましょう。

全く野菜を食べていなかった人は青汁の野菜ジュース割りもいいかもしれません。

青汁と野菜ジュースのメリット・デメリットまとめ

メリット デメリット
青汁 普段食べにくい野菜が摂れる
酵素が含まれる
栄養価の高い野菜が摂れる
ヘルシー
溶かすのが手間
野菜ジュースより甘くない
野菜ジュース 飲みやすい
普段食べにくい野菜が摂れる
手に入れやすい
栄養が偏ることも
糖分が多い
ダイエットには向かない
加工時に栄養価減少
併用 満遍なく栄養が取れる
お互いのメリットを引き継げる
費用がかさむ

くりかえしにはなりますが、一番大事なのはバランスです。

野菜だけでなく、食生活全体、さらには生活習慣を見直してみるのもいいかもしれません。

野菜に関しては、青汁や野菜ジュースを上手に活用して、もう野菜不足とは無縁!と言えるような生活を送れるようにしていきたいですね。

この記事を読んだ人によく読まれる
お試しができる青汁
青汁の選び方