あまり詳しくはない方でも、プリン体は健康に良くないというイメージがありますよね。
プリン体ゼロやプリン体カットのビールは、みなさんもよく目にするのではないでしょうか。
本当にプリン体は悪者?そうなるとクロレラや青汁もヤバいんじゃない?と疑問がわいてきますよね。
プリン体の量などこちらで詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

プリン体とは

プリン体は私たち人間の体でも生成されている物質で、うまみ成分でもあるためほとんどの食べ物には含まれているものです。
特に多く含まれている食べ物としては、肉類や魚介類なので日常口にするものばかりですよね。
摂取されたプリン体は体内で分解され、尿酸として排出されますが過剰な量のプリン体を摂取した場合は、体内に残ってしまい血液中の尿酸が増加します。
この尿酸は体の中に多く蓄積されてしまうと、溶けにくい性質を持っているため尿酸塩という結晶になり肝臓や関節などに留まります。
その結果、痛風や尿路結石などの病気なってしまうのです。

クロレラにはプリン体が多い

プリン体を過剰に摂取すると痛風や尿路結石の原因となるとお話ししましたが、このプリン体はクロレラにも含まれています。
クロレラは健康食品としてとても有名ですが、その成分の中に豊富なプリン体が含まれているため痛風には良くないのです。
そのため痛風や尿路結石の方にはクロレラはおすすめできないのです。
健康食品のクロレラでも病気の原因になるのであれば、他の健康食品はどうなの?青汁は大丈夫?と不安になってしまっても仕方ありませんよね。

青汁にもプリン体が多い?

結論からお話ししますと青汁にはプリン体は多くありません。
プリン体がゼロというわけではありませんが、先程もお話ししましたが美味しい食べ物のほとんどにプリン体は含まれています。
問題はその量にあります。
青汁に含まれているプリン体の量は少量ですので、過度に気にする必要はありません。
それよりも青汁にはプリン体を過剰に摂取したことになどより、上がってしまった尿酸値を下げる働きがあるので痛風を予防する効果も期待できるのです。

痛風予防に青汁が効果的?⇒詳しくはこちら!

プリン体はどれくらい摂取してもいい?

プリン体の1日の摂取量は「400gまで」とされています。(高尿酸血症・痛風ガイドラインより)
例えばプリン体が多いと心配されがちなビールには、ビール100gに対してプリン体は5~8.5mgくらいの量が含まれていると言われています。

100g中のプリン体の量が5gのビールを350ml缶で計算してみると、その量は17.5gにもなります。
地ビールではプリン体の量がさらに多いものもあり、そのためビールはプリン体ゼロが人気となるわけです。

それに対して青汁は、粉末の青汁100gの中の大麦若葉に含まれるプリン体の量は88.5mg、ケールでは40.2mgとされていて、100g中の量だけを見ますと多く感じてしまいます。
しかしこれはあくまで100g中の量なので、実際飲む青汁の量はスティックなどで1つが3g程ですから、プリン体の量を気にする必要はありませんよね。

プリン体は悪者ではなく過剰摂取が良くないのです。
しかし量に関係なく痛風などの病気を抱えている方は、プリン体を含む食品・飲料に注意することが大切です。
青汁に含まれているプリン体の量は少ないですし、青汁には健康に良いとされる栄養素が豊富に含まれています。
自分の体調に合った青汁を選んで継続して飲むことで効果が発揮されますよ。