旅行
海外旅行はお好きですか?

海外旅行に行くと、肌荒れを起こしたり、便秘になったりすることがあります。

環境が変わり、食事の内容がいつもと変わることが原因となっているケースが多いようです。

そこで実は、青汁を持っていくといいということは知っていましたか?

今回は青汁と海外旅行についてお伝えしていきたいと思います。

海外旅行に青汁を持っていく3つのメリット

海外に青汁を持参する3つのメリットと注意点についてご紹介します。

  • 偏りがちな栄養素・食生活を改善できる
  • 便秘予防・改善が期待できる
  • 現地の方・海外の方との話題ができる

それぞれ詳しく解説していきます。

偏りがちな食生活改善

和食は健康に良いとのことで、最近は海外でも人気が上がってきています。普段和食中心の方が、海外旅行へ行ったら便秘になったり吹き出物ができたりした話をよく耳にします。

その原因の1つは野菜不足にあります。

海外旅行の時の食事は肉料理や揚げ物、甘いものなどが多くなり、野菜をとる機会や量が減ってしまいます。

そのため、意識して野菜をとるようにしないと、便秘などになってしまうのです。

偏りがちになるからといって海外旅行に行って自炊するのはとても大変です。

そこで、青汁やサプリメントは手軽に野菜不足を補える効果が期待でき、荷物の邪魔にもならないので、おすすめです。

便秘改善効果で旅行を楽しく

旅行中の便秘はとても辛いですよね。せっかくの楽しい旅行が台無しなんてことはぜひ避けたいところです。

野菜不足による便秘以外にも、水分不足、睡眠不足、ストレス、便意の我慢、食べ過ぎなども原因と考えられています。

青汁には便秘改善、便秘予防の効果が期待できる、食物繊維、ビタミン、ミネラル、パントテン酸、メラトニンなどが含まれているため、旅行中の便秘改善または予防に効果的と言えるでしょう。

 

食事で野菜不足を補うのは、旅行中となれば難しそうなので、携帯に便利な青汁は試してみていただきたい方法です。

現地の方との話題ができる

海外旅行中に現地の方とお話をするのは、とても楽しく海外を満期した気分になれますよね。

最近海外でも青汁が話題になっていて、青汁のジューススタンドもあるという国があるそうです。青汁をお飲みになっているのであれば、ぜひ日本が発祥と言われている青汁についてお話してみてくだい。海外での青汁は粉末なのか、味など違いについてお話しするのも、楽しい時間が過ごせるのではないでしょうか。現地の言葉が英語であれば、青汁はグリーンジュースやグリーンカクテルといった名前で呼ばれているそうです。味の感想など盛り上がるかもせれませんよ。

 

これから夏休みが始まります。 海外旅行に行く人もたくさんいるのでしょう。

せっかくの旅行なのに便秘になってしまい、改善されるまでお腹の痛みや不快なままだと、楽しさが半減しちゃいます。青汁で便秘改善、予防して楽しい海外旅行にしてください。